相鉄、新型車両「20000系」お披露目 東急直通線用

ジョルダン

相鉄、新型車両「20000系」お披露目 東急直通線用の記事画像
相模鉄道は17日、新型車両「20000形」をかしわ台車両センター(神奈川県海老名市)で報道陣に公開した。2月11日に1編成が営業運転を始め、2022年度下期の開業を予定する相鉄・東急直通線の車両として順次導入する。

従来より車体幅を狭めるなど東急線の規格に合わせた。外観は濃紺色の「ヨコハマネイビーブルー」で統一。前面は「通勤型車両のイメージを打ち破る立体的でインパクトのあるデザイン」に仕上げた。

車内は相鉄線初となる設備を多く採用して快適性を向上させる。ロングシートの端には荷棚まである大型の仕切り板を設置。空気清浄機「ナノイー」や空調効果を高める「個別ドアスイッチ」を取り付け、ベビーカーや車いす用のフリースペースを全車両に用意した。優先席の一部には、座りやすいように座面を高くし、大型の荷物でも座席下に収納できる「ユニバーサルデザインシート」を導入した。

同社は19年度下期にJR線との相互直通運転を予定する。次期新造車はJRに乗り入れる車両で、20000系第2編成以後はJR直通後に製作するという。
(最終更新 2018/1/17 12:40)







あいさつをする滝澤秀之社長













「相鉄線のアイデンティティ」である車内の鏡も復活










この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test