真っ赤な駅舎の「カープ油津駅」お披露目 貸し切り列車も運行

ジョルダン

真っ赤な駅舎の「カープ油津駅」お披露目 貸し切り列車も運行の記事画像
宮崎県日南市に4日、真っ赤な駅舎の「カープ油津駅」が誕生した。油津駅はプロ野球・広島東洋カープのキャンプ地の最寄り駅。今年こそはカープに日本一になってもらいたいと、JR九州や日南の市民らで結成した「日本一のカープ駅をつくる会」がカープレッドに染め上げた。

同日午前のお披露目セレモニーで、同会の黒田泰裕代表(油津応援団社長)は「今回のプロジェクトは昨年リーグ連覇を成し遂げながら、日本一になれなかったあの夜から始まった」と説明。「カープを応援しながら日南のまちも愛してください」と呼びかけた。

宮野原佳副代表(JR九州宮崎総合鉄道事業部長)は「日南のカープに対する熱い思いをJR九州も受け止めて取り組んだ。カープの日本一を目指して一緒に応援していきたい」とあいさつした。

その後、カープの緒方孝市監督が赤いペンキで最後の塗装を施し、駅前に集まった多くのファンを前に「今シーズンはリーグ3連覇、そして日本一に向けチーム一丸となって頑張っていきます」と誓った。

駅のお披露目に先立ち、宮崎駅から貸し切り列車「日本一のカープ駅“油津号”」を運行。「カープ芸人」で知られるザ・ギースの尾関高文さんが乗り込んで車内を盛り上げた。途中の北郷や飫肥(おび)などの各駅でも沿線住民が手を振ったり、横断幕を掲げたりして歓迎した。

今回の駅舎のお披露目セレモニーや貸し切り列車の運行の費用はクラウドファンディングで調達。4日までに目標の200万円に対して231万円が集まった。貸し切り列車には資金を支援した約60人が乗車。広島からも15人が参加したという。


















貸し切り列車が油津駅に到着



駅舎のお披露目セレモニー








この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test