京急、長崎・鹿児島の路面電車にラッピング車両

ジョルダン

京急、長崎・鹿児島の路面電車にラッピング車両の記事画像

長崎電気軌道で運行を始めたラッピング車両(京浜急行電鉄提供)

京浜急行電鉄は9日、長崎と鹿児島の路面電車で同社の「2100形」車両をイメージにしたラッピング車両を運行すると発表した。羽田空港国内線ターミナル駅が今年開業20周年を迎えるのを機に、同社空港線の都心へのアクセスの良さをアピールする。

赤と白の車体に空港線イメージキャラクターのお笑いコンビ、くりぃむしちゅーの姿をデザイン。長崎電気軌道(1200形1両)は10日、鹿児島市電(9000形1両)は20日に運行を開始する。

同社はこれまでに大阪モノレールと沖縄都市モノレール(ゆいレール)で同様のデザインを施したラッピング車両を走らせている。「今後も全国各地のモノレールや路面電車でラッピング車両を運行する」という。
(最終更新 2018/2/10 14:54)






鹿児島市電で走らせるラッピング車両のイメージ

※画像はすべて京浜急行電鉄提供

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test