JR東海、次世代新幹線の先頭車公開  「N700S」確認試験車を搬出

ジョルダン

JR東海、次世代新幹線の先頭車公開  「N700S」確認試験車を搬出の記事画像
JR東海は17日、日本車輌製造の豊川製作所(愛知県豊川市)で、東海道新幹線に投入する次世代車両「N700S」の搬出作業を報道陣に公開した。今回作業を公開したのは確認試験車の先頭車。トレーラーに載せて浜松工場(静岡県浜松市)まで運搬して16両編成にする。

N700Sは2020年度に営業運転を開始する予定。名称の「S」は、「最高の」を意味する英語「Supreme(スプリーム)」から採用したという。先頭車両は「デュアル・スプリーム・ウィング」と呼ぶエッジを立たせた形状にし、トンネルに入る際の騒音を低減させる。前照灯には新幹線で初めてLEDライトを用いる。

確認試験車は浜松工場で試験用の機器を取り付け、3月20日から試験走行を始める。

新幹線鉄道事業本部の古屋政嗣車両部担当部長は報道陣に対し「N700Sは安全性、信頼性、快適性をあらゆる面で向上した車両。最大の特徴は小型軽量化で、全座席コンセントのための電源や、乗り心地を向上させる『フルアクティブ制振制御装置』を取り付ける余裕を持たせた」と説明した。

(最終更新 2018/2/17 15:21)





















この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test