JR東海、次世代新幹線「N700S」公開 環境性能と快適さ向上

ジョルダン

JR東海、次世代新幹線「N700S」公開 環境性能と快適さ向上の記事画像
JR東海は10日、東海道新幹線の次世代車両「N700S」の確認試験車を浜松工場(静岡県浜松市)で報道陣に公開した。最新技術の採用で環境性能や安全性、乗り心地のさらなる向上を図る。2020年度の営業運転開始に向け、今月20日から試験走行を始める。

先端部の両端を立たせた形状で走行抵抗や騒音を低減させる。前照灯には新幹線で初めてLEDを採用した。パンタグラフやモーターといった駆動システムの小型・軽量化などにより消費電力を現行の「N700A」より7%削減できる見込み(時速285キロ走行時)。乗り心地に関しては「フルアクティブ制振制御装置」をグリーン車に搭載する。特にトンネル区間での揺れに効果を発揮するという。

車内照明にもLEDを採用。停車駅に近づくと荷棚を明るく照らし、忘れ物がないように注意を促す。車内テロップは画面サイズを大きくしたフルカラー液晶を用いて見やすくする。

グリーン車は足元のスペースを拡大し、座席のリクライニングはくるぶしが回転中心になる設計にして長時間の乗車でも疲れにくくする。普通車は電源コンセントを全座席に設置。リクライニングを背もたれと座面が連動する方式に変更する。

同社新幹線鉄道事業本部の上野雅之副本部長は報道陣に「N700Sは軽量化技術を生かしてあらゆる編成に対応できる『標準車両』を実現したほか、新幹線で初めてバッテリーによる自力走行システムも備えた画期的な車両。20年度の営業運転に向けて確認試験車で最終的な確認をしっかりしていきたい」と語った。
(最終更新 2018/3/10 13:56)































従来型(左)と並んだ「N700S」



この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test