東急田園都市線の新型車両「2020系」、28日運行開始 小学生が試乗会

ジョルダン

東急田園都市線の新型車両「2020系」、28日運行開始 小学生が試乗会の記事画像
東京急行電鉄は28日から田園都市線で新型車両「2020系」の運行を開始する。背もたれが高い座席の採用や空気清浄機の搭載、全車両へのフリースペースの設置などで快適性を向上させた。

営業運転の開始に先立ち、24日に沿線の小学生を招いた試乗会を長津田~中央林間で実施した。小学生と保護者合わせて52人が乗車したのは2月に自分たちで描いた絵が中吊りポスターになった特別列車で、新型車両の乗り心地を楽しんだ。検車区で車両前面の非常用はしごを使った避難も体験した。

電車で通学している小学2年生の足立愛歩(まのあ)さんは「日頃なかなかゆっくり見られない景色が楽しめました」と喜んでいた。

今回披露された特別列車(1編成)は約1カ月間、通常ダイヤの中で運行。車内の液晶ディスプレイで沿線の歴史も紹介する。

2020系と大部分の仕様を共通化した大井町線の新型車両「6020系」も28日から運行を始める。















この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test