JR九州、豊肥線の復旧現場を公開 熊本地震で被災、4割強着手

ジョルダン

JR九州、豊肥線の復旧現場を公開 熊本地震で被災、4割強着手の記事画像
JR九州は9日、2016年4月の熊本地震で被災した豊肥本線の復旧現場を報道陣に公開した。同線は地震による大規模な斜面崩壊などにより、肥後大津~阿蘇間(約27キロ)で運転見合わせが続いている。地震から2年となるのを前に瀬田~立野間の復旧状況の視察会を開催した。

同社は17年4月、肥後大津駅近くに復旧事務所を開設。熊本地震やその後の大雨により、肥後大津~阿蘇間で被災した駅や橋梁、トンネルなどの土木構造物は約50カ所にのぼるという。このうち、安全が確保できた4割強の場所で工事に着手している。

ホームの一部が崩れた立野駅は今年3月に工事が完了した。復旧事務所の淵脇晃所長は「斜面や落石の安全対策をしっかりしたうえで全線開通へ頑張っていきたい」と強調、工事が終わった同駅を資材運搬の拠点にしていく方針を説明した。

全体の工事の完了や運転再開時期については、被害規模が大きく着手できていない場所があるため、見通しが立っていない。

豊肥本線の運転見合わせに伴い、熊本発着だった九州横断特急と特急「あそぼーい!」は現在、別府・大分~阿蘇間で運行している。



立野駅の復旧現場










被災直後(JR九州提供)


豊肥本線復旧事務所の淵脇晃所長(瀬田~立野間の路盤復旧現場)






被災直後(JR九州提供)


瀬田~立野間の盛り土復旧現場





被災直後(JR九州提供)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test