相鉄・二俣川駅に自動清掃ロボ “車体色”はヨコハマネイビーブルー

ジョルダン

相鉄・二俣川駅に自動清掃ロボ “車体色”はヨコハマネイビーブルーの記事画像
相模鉄道・二俣川駅(横浜市旭区)に27日、「自動清掃ロボット」が登場する。相鉄グループの新たなイメージカラーの濃紺色「ヨコハマネイビーブルー」をまとい、通路を掃除しながら往復する姿が駅利用者の注目を集めそうだ。

相鉄グループでビルメンテナンスを手がける相鉄企業が、駅南口直結の商業施設「ジョイナステラス二俣川」の開業に合わせて導入する。あらかじめ入力したデータをもとに、駅と商業施設の間の通路を1日約4時間清掃。歩行者や障害物はソナーセンサーで感知し、自動で避けられるようになっている。

相鉄グループの広報担当者は「人手不足のなかでも作業効率を上げるグループ全体の取り組みの一環で、今後ほかの商業施設や駅でも導入できるか検討したい」と話していた。

ヨコハマネイビーブルーは相鉄の新型車両「20000系」などに採用されている。



二俣川駅南口の通路





歩行者や障害物はソナーセンサーで感知






この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test