しなの鉄道、「115系」後継に新型車両 ライナー用も導入

ジョルダン

しなの鉄道、「115系」後継に新型車両 ライナー用も導入の記事画像

しなの鉄道が現在運行している「115系」

しなの鉄道は31日、現在同社線で運用している「115系」車両の後継として新型車両を導入すると発表した。2019年度から8年間で計26編成(52両)を購入する計画だ。同社が新車両を導入するのは初めて。

新型車両は総合車両製作所のステンレス車「サスティナ S23シリーズ」。JR東日本が新潟地区で運行している「E129系」に採用されている。

初年度に通勤や観光での利用を想定した「有料ライナー」に対応する車両を3編成(6両)導入する。平日の朝夕と土休日にライナーで運用する際にはクロスシート、それ以外の通常列車で使用する際はロングシートに転換できる座席を採用する。京王電鉄の「京王ライナー」や西武鉄道の「Sトレイン」のようなイメージだという。20年3月の納車・試験運転、20年7月頃の営業運転開始を計画する。

上田市のしなの鉄道本社で記者会見した玉木淳社長は「当初は中古車両を想定していたが50両規模を市場で調達するのは難しく、10年ぐらいで更新を繰り返すよりも新車のほうがコストが安くなる」と新車導入の狙いを説明した。115系に比べ使用電力量は半減、車両検修費は3分の2に削減できる見込みだ。

全編成に車いす対応のトイレを設置。高齢者や外国人観光客の利便性・快適性を向上させる。ドアの開閉ボタンや自動制御式の冷暖房を装備する。一般車両はセミクロスシートの座席配置にする。

2両編成の定員はライナー用車両が228人、一般用車両が270人。車両デザインについては今後発表する。

115系は旧国鉄時代に製造され、主に寒冷地や山岳路線で運用された。現在、しなの鉄道の車両はすべて115系で、ほとんどが1978年製。観光列車「ろくもん」を含め59両を保有している。新型車両の導入でろくもんを除く全てを置き換える。



新型車両のイメージ(写真は上越線の「E129系」)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test