京急品川駅に「花電車」再現 都営線との相互直通50周年で

ジョルダン

京急品川駅に「花電車」再現 都営線との相互直通50周年での記事画像
京浜急行電鉄と東京都交通局は21日、品川駅で相互直通50周年を記念する式典を開催した。

品川駅3番線ホームに停車した「1500形」(6両編成)の前面に1968年の開通式典でお披露目した「花電車」の装飾を再現した。同日12~14時の2時間限定で一般公開。一部の車両内にヘッドマークなど過去の資料を展示した。

京急電鉄の原田一之社長は記念式典のあいさつで「(連絡線となる)品川~泉岳寺間はたった1.2キロだが、5年もの難工事で開通した」と説明。「2020年東京五輪・パラリンピックでもメイン会場の国立競技場への重要なアクセスを担う」と述べ、今後も羽田空港と都心間のアクセス強化を図っていく方針を示した。

京急電鉄と東京都交通局、京成電鉄の3社局は50周年を記念したキャンペーンを展開する。7月7、8日、8月18、19日には、三崎口発・京成成田着の「成田山号」、京成成田発・三浦海岸着の「城ヶ島マリンパーク号」を復刻運行する。














この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test