大火からの復興願い絵馬奉納=新年迎えた新潟・糸魚川

時事通信社

大火からの復興願い絵馬奉納=新年迎えた新潟・糸魚川の記事画像

新潟県糸魚川市の大規模火災で、復興を願い神社に奉納された絵馬=1日午前、同市の天津神社

 昨年12月、大規模火災に見舞われた新潟県糸魚川市で1日、地域の神社に復興を願う絵馬が奉納された。被災者の中には初詣に訪れる人がいる一方で、「(新年を迎えたという)実感がない」と生活再建への対応に追われる人の姿もあった。

 火災当時、避難所となった市民会館に近い天津神社には多くの参拝客が訪れ、奉納された絵馬には「町に活気が戻りますように」「みんなが笑顔で過ごせますように」と早期復興への願いが込められた。これから初詣に行くという被災者の30代の女性は、7月に出産を控え「安産祈願をしたい」と話した。

 一方、自宅が全焼した50代の男性は、支援物資を受け取りに市役所を訪問。父親の家も全焼しており、「『あけましておめでとう』と言う気になれない。言われてもどう返していいのか」と表情を曇らせた。

 火災現場となった商店街周辺は、見学に訪れた人がカメラを手に焼け跡を撮影する姿が目立ったほかは、営業している店舗もなく静かだった。 



昨年12月に大規模火災に見舞われ、新年を迎えた新潟県糸魚川市の商店街=1日午後、同市

出発:

到着:

日付:

時間:

test