工場火災で1遺体=付近住民に避難指示-茨城

時事通信社

 17日正午ごろ、茨城県稲敷市釜井の「三和油化工業」の茨城工場から「液体が燃えている」と119番があった。県警稲敷署などによると、現場で同工場の男性従業員とみられる1人の遺体が見つかった。市は午後1時45分、周辺に住む住民749世帯に避難指示を出した。

 消防によると、同工場では廃油から燃料を作っており、廃油などが入ったドラム缶などが燃えているという。 

出発:

到着:

日付:

時間: