基地反対リーダー保釈=5カ月ぶり「正義訴える」-那覇

時事通信社

基地反対リーダー保釈=5カ月ぶり「正義訴える」-那覇の記事画像

那覇拘置支所から保釈され、支援者にあいさつする沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(左端)=18日夜、那覇市

 米軍北部訓練場(沖縄県東村など)のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設現場で防衛省職員にけがをさせたとして、傷害罪などに問われ公判中の沖縄平和運動センター議長、山城博治被告(64)が18日、勾留先の那覇拘置支所から保釈された。山城被告は基地建設に反対する住民のリーダーで、昨年10月から5カ月間勾留されていた。

 那覇地裁は17日に保釈を許可したが、検察側が抗告。福岡高裁那覇支部は18日、抗告を棄却した。保釈金は700万円。

 那覇拘置支所前には18日夜、支援者約100人が集まった。「博治さん、お帰り」などと声を掛けられると、山城被告はガッツポーズで応えた。

 続いて開いた記者会見で、山城被告は5カ月間の勾留について「不当弾圧だ。県民を萎縮させる許し難い冒涜(ぼうとく)だった」と批判。「裁判では無実と無罪と沖縄の正義を訴え、頑張っていく」と強調した。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test