岐阜高校が優勝=第6回科学の甲子園-茨城

時事通信社

岐阜高校が優勝=第6回科学の甲子園-茨城の記事画像

第6回科学の甲子園全国大会で優勝した岐阜県立岐阜高校の生徒ら=19日午後、茨城県つくば市

 全国の高校生が科学の知識や技能を競い合う「第6回科学の甲子園全国大会」(科学技術振興機構主催)が19日までの3日間、茨城県つくば市で開かれた。47都道府県の代表校が参加し、岐阜県立岐阜高校が優勝した。2位は奈良県代表の東大寺学園高校、3位は前回優勝した愛知県代表の海陽中等教育学校だった。

 岐阜高校は前回3位だった。キャプテンで2年生の高島優さん(17)は「選ばれなかった人たちや先輩、後輩、先生の思いを全て背負ってこの大会にぶつけた。難しい問題もあったが仲間を信じ、自分の努力を信じてやってきた。とてもうれしく感無量です」と笑顔を見せた。

 科学の甲子園は科学好きの生徒を増やし、学力を伸ばすことを目的に2012年から開催。理科や数学などの分野を筆記や実技試験で競い合う。今大会には過去最多の682校から、8244人が参加した。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test