渋谷駅前で鉄骨崩れる=再開発工事現場、けが人なし-東京

時事通信社

 18日午後4時50分ごろ、東京都渋谷区渋谷のJR渋谷駅東口の再開発工事現場で、「鉄骨が崩れた」と都営バスの男性係員から110番があった。足場に使われていた約15トンの鉄骨が防護フェンスに倒れかかって止まり、約400キロの鉄板1枚が歩道に落ちたが、けが人はいないという。

 警視庁渋谷署によると、足場の解体作業中に10メートル以上の大きさの鉄骨が崩れ、フェンスの上に倒れた。鉄板のほか鉄パイプなどが歩道に落ちたが、ぶつかった人などはいなかった。

 現場は渋谷駅東口のバスターミナル付近で、工事現場の間を通り抜ける通路のような歩道。駅周辺は人通りが多いという。 

出発:

到着:

日付:

時間: