ヘリパッド、月内に運用開始=在沖米軍が通告

時事通信社

 米軍北部訓練場(沖縄県東村など)に建設されたヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)について、在沖米軍が月内に運用を開始すると日本政府に通告していたことが分かった。政府関係者が19日、明らかにした。

 運用を始めるのは、東村高江区を取り囲むように建設された4カ所。北部訓練場の過半を返還する条件として6カ所のヘリパッドが建設され、うち2カ所は既に運用されている。

 新型輸送機オスプレイもヘリパッドを利用する予定で、地元の反発も予想される。 

出発:

到着:

日付:

時間: