神経細胞死抑えるたんぱく=治療応用期待-国立長寿センター

時事通信社

 アルツハイマー病などの神経変性疾患と似た状態のショウジョウバエで、脳神経細胞が死ぬのを抑えるたんぱく質を発見したと、国立長寿医療研究センターや国立遺伝学研究所、首都大東京の研究チームが19日付の米科学誌デベロップメンタル・セルに発表した。

 このたんぱく質「EDEM」をつくる遺伝子は人にもあり、新たな治療法を開発する手掛かりになるという。

 実験対象のショウジョウバエは、脳神経細胞にある小胞体と呼ばれる袋状器官に異常なたんぱく質が蓄積し、神経変性疾患に似た運動機能の低下や神経細胞死がみられる。研究チームが脳神経細胞で生み出されるEDEMを人為的に約2倍に増やすと、異常なたんぱく質の蓄積量が減り、神経細胞死を抑制できた。

 小胞体は神経以外の細胞にもあり、EDEMを筋肉細胞で増やすと老化に伴う運動機能の低下を遅らせ、腸の細胞で増やすと寿命を小幅に延ばす効果があったという。 

出発:

到着:

日付:

時間: