障害者施設を家宅捜索=送迎車内での死亡事故-埼玉県警

時事通信社

 埼玉県上尾市の障害者施設「コスモス・アース」の送迎車内で、利用者の男性(19)が約6時間半放置され、熱中症とみられる症状で死亡した事故で、県警上尾署は15日、業務上過失致死容疑で施設を家宅捜索した。業務内容などの関係書類を押収し、施設側の対応に問題がなかったか調べる。

 県などによると、男性は知的障害があり、他の利用者4人と共に13日午前9時ごろ、送迎用のワゴン車で施設に到着。午後3時20分ごろ、車内で口から泡を吹いて倒れているのを職員が発見し、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県は14日に立ち入り調査。通常は利用者が到着した際、複数の職員で点呼をするが、事故当日は運転手(73)のみが行ったことや、当日昼に一部の職員が男性の不在に気付いたのに、所在確認がされなかったことなどが判明した。 

出発:

到着:

日付:

時間: