北海道と東北、大雨警戒=15日は道東で記録的猛暑-気象庁

時事通信社

 日本列島は15日、北海道帯広市で37.1度を観測するなど、道東や関東甲信を中心に35度以上の猛暑日が続出した。道東は記録的な暑さとなったが、16日は北海道と東北地方で大雨の恐れがある。気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。

 帯広市の猛暑日は今月に入って5日目。北海道では幕別町で観測史上最高の36.7度だったほか、美幌町で37.0度など、7月の最高記録を更新した所が30地点を超えた。上空が暖かい空気に覆われて暑い日が続いた上、晴れて気温が大幅に上がった。

 16日は東北に梅雨前線、宗谷海峡付近に別の前線が停滞し、北海道と東北で局地的な激しい雨や落雷、突風が予想される。16日午後6時までの24時間雨量は多い所で、東北の日本海側150ミリ、東北の太平洋側100ミリ、北海道80ミリの見込み。

 15日の北海道以外の最高気温は、埼玉県鳩山町36.4度、京都市35.8度、大分県日田市35.5度。午後4時までに全国で30度以上の真夏日となった所は全観測点の8割を超える773地点で、今年最多。猛暑日は59地点だった。

 気象庁は16日についても関東甲信と近畿、四国、沖縄に高温注意情報を出し、熱中症対策を呼び掛けている。 

出発:

到着:

日付:

時間: