中越沖地震10年、冥福祈る=遺族「長いようで短い」-新潟

時事通信社

中越沖地震10年、冥福祈る=遺族「長いようで短い」-新潟の記事画像

新潟県中越沖地震から10年を迎え、合同追悼式で献花する遺族=16日午前、同県柏崎市

 死者15人、負傷者2346人を出した新潟県中越沖地震は16日、発生から10年を迎えた。同県柏崎市では、同市と刈羽村主催の合同追悼式が行われ、遺族ら700人が参列した。

 合同追悼式には遺族のほか、米山隆一知事らが出席。地震が発生した午前10時13分に黙とうをささげ、献花した。

 参列した柏崎市の猪俣宏さん(56)は、同じ高校教諭だった父を失った。「長いようで短い10年。父の背中は10年たっても追いつけない」とかみしめるように話した。母を亡くした元井春夫さん(62)は九州北部を襲った豪雨に触れ、「災害は常に起こると肝に銘じて準備をしなければ」と強調した。

 追悼式には東京電力の小早川智明社長も参列した。東電は柏崎刈羽原発の再稼働を目指しており、原子力規制委員会が審査を続けている。小早川社長は献花の後、報道陣に「できる限り地元に足を運び、理解を深めていきたい」と述べた。

 2007年7月16日に発生した中越沖地震は、柏崎市や刈羽村などで最大震度6強を観測。柏崎刈羽原発では、3号機の変圧器で火災が発生するなどの被害が出た。

 被災者向けの災害公営住宅には6月末現在で、120世帯202人が入居している。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test