九州豪雨、死者34人に=男女3人の身元判明-福岡・佐賀

時事通信社

 九州北部豪雨で、有明海沿岸で見つかった女性2人を含む男女3人の死亡者の身元が17日、新たに判明した。豪雨による死者は福岡県31人、大分県3人の計34人となった。

 福岡県警によると、12日に同県朝倉市杷木志波で見つかった遺体は、足立曙光さん(70)=同所=と判明。佐賀県警によると、8日午前に佐賀市と佐賀県鹿島市の有明海沿岸で見つかった女性2人は、いずれも朝倉市杷木松末の井手和子さん(59)、小嶋ユキエさん(70)と判明した。

 行方不明者は朝倉市で6人、福岡県うきは市で1人の計7人。警察や自衛隊が捜索を続けている。 

出発:

到着:

日付:

時間: