蚊が吸った血で犯人特定=DNA鑑定を研究-名古屋大

時事通信社

 蚊が吸った血液から犯人を割り出す研究が名古屋大で行われている。吸血から2日以内なら、DNA型から個人を特定できる可能性があるという。現場で知らずに蚊に刺され、逮捕に直結すれば犯人には脅威となる。研究グループの山本敏充・名大大学院准教授(法医学)は「犯罪抑止につながれば」と期待を語る。

 研究は、夏場の屋内の事件現場で蚊を採取するケースを想定。蚊は現場で犯人の血を吸っている可能性があるという発想だ。

 研究者自身が蚊に血を吸わせて行ったことは過去にもあったが、感染症の懸念から本格的な研究は困難だった。今回は「KINCHO」ブランドで知られる大日本除虫菊(大阪市)の協力を得て、同社の研究所で卵から育てた無菌状態のヒトスジシマカとアカイエカの提供を受けた。

 40~50代の男性7人の血を吸わせた蚊からDNAを抽出。吸血直後から1~72時間後まで、時間ごとに13パターンのヒトDNA型を鑑定にかけた。

 その結果、48時間後までは個人の特定に必要な15個の塩基配列が壊れず全て残っていた。吸血された時間帯が半日単位で推定可能なことも分かった。

 山本准教授は「蚊の体内で血液は2~3時間で消化されると思っていた。想像以上の成果だ」と話し、今後は複数の人の血液が混じった場合の個人識別など精度の向上に挑む。

 愛知県警刑事部の幹部は、証拠とするには、蚊が事件後に現場へ入り込んだ可能性をつぶす必要があると指摘する。それでも、「DNA型の情報は捜査の助けになる」と歓迎している。 

出発:

到着:

日付:

時間: