病院で子供30人死亡=代金未払い、酸素供給停止か-インド

時事通信社

病院で子供30人死亡=代金未払い、酸素供給停止か-インドの記事画像

11日、インド北部ウッタルプラデシュ州ゴーラクプルの病院で、子供の死を嘆く親族ら(AFP=時事)

 【ニューデリー時事】インド紙ヒンドゥスタン・タイムズ(電子版)は11日、北部ウッタルプラデシュ州ゴーラクプルの州立病院で、入院中の子供少なくとも30人が死亡したと報じた。代金未払いのため医療用酸素の供給が止まっていたと疑われており、捜査機関が調べている。

 同紙は捜査当局者の話として「酸素ボンベの代金約670万ルピー(約1140万円)の支払いが滞っており、10日夜から酸素供給でトラブルがあったもようだ」と伝えた。子供のうち21人が酸欠で死亡したと伝える報道もある。

 一方、州当局者は子供の死亡は未払い問題と関係ないと主張。代わりの酸素は手配されており、子供たちは「さまざまな医療上の理由と疾患」で死亡したと反論している。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test