芋畑に「ナスカの地上絵」=畝で描き、魅力発信-山形市

時事通信社

芋畑に「ナスカの地上絵」=畝で描き、魅力発信-山形市の記事画像

里芋畑に描かれたハチドリの地上絵=7月11日、山形市(佐藤卓弥さん提供)

 山形市の里芋畑に、ペルー南部の世界遺産「ナスカの地上絵」が出現した。畝を使って代表的な地上絵「ハチドリ」を描いたのは、「さといもや さとう農園」社長の佐藤卓弥さん(43)。「地上絵のように、山形の里芋の魅力を世界に伝えたい」と話している。

 ハチドリは長さ約80メートル、幅約50メートルで、くちばしが短いことを除けば、ほぼ実物大。約100分の1の図面を畑に持ち込み、曲線や直線の畝を作って描いた。畝は保温用の黒いビニールで覆われているため、6月の完成当初、ハチドリは黒い線でできていた。現在は成長した里芋の葉や草が茂り、緑がかって見える。

 河川敷で芋煮を楽しむ風習がある山形県では、里芋は身近な食材。より多くの人に山形の里芋を知ってほしいと考えた佐藤さんは、山形大がナスカの地上絵を研究していることに思い当たり、制作を決めた。完成後はドローン(小型無人機)で上空から撮影し、インターネットに動画を公開している。

 里芋は10月ごろ収穫を迎える。佐藤さんは来年以降、コンドルなど他の地上絵の制作にも意欲を示す。山形大や他の農家とも協力したいと考えており、「みんなで地域を盛り上げるきっかけになれば」と期待している。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test