小田急線の屋根燃える=乗客300人線路歩いて避難-沿線火災で、けが人なし・東京

時事通信社

小田急線の屋根燃える=乗客300人線路歩いて避難-沿線火災で、けが人なし・東京の記事画像

激しく炎が上がる建物(奥)と小田急線の車両=10日午後、東京都渋谷区(住民提供)

 10日午後4時5分ごろ、東京都渋谷区代々木の小田急線沿線で火災があり、近くで停車した電車の屋根に燃え移った。警視庁代々木署などによると、乗客約300人は全員避難し、けが人や逃げ遅れた人はいなかった。

 同署などによると、電車は本厚木発新宿行きの各駅停車。火災現場が線路に近かったため、警察官が現場付近の踏切の非常ボタンを押したところ、付近を走行していたこの電車が午後4時10分ごろ、燃えている建物の目の前で緊急停車した。

 警察官らが運転士に移動するよう促したが、火が燃え移ったため、再び停止させた。電車は8両編成の前から2両目の屋根が約15平方メートル燃えた。現場は代々木八幡-参宮橋駅間で、乗客は乗務員らの誘導で車両から脱出し、線路上を約500メートル歩いて両駅に避難した。

 火が出たのは3階建ての建物で、1~3階の計約80平方メートルが焼けた。1階部分がボクシングジムの練習場になっており、練習生と指導者の計6人がいたが、無事だった。

 火元は2階の宿舎部分とみられ、練習生の1人は「たばこの消し忘れかもしれない」と話しているという。代々木署と東京消防庁が詳しい出火原因などを調べている。

 小田急電鉄によると、火災の影響で新宿-経堂間の上下線で運転を見合わせていたが、午後9時半ごろに再開した。約7万1000人に影響が出た。 



出火した建物付近で停車する小田急線の車両=10日午後、東京都渋谷区

出発:

到着:

日付:

時間:

test