現場に8分、延焼招く=緊急停止、運行再開で-小田急線火災・警視庁

時事通信社

現場に8分、延焼招く=緊急停止、運行再開で-小田急線火災・警視庁の記事画像

報道陣に公開された小田急電鉄の火災車両の屋根の部分=11日夜、東京都世田谷区

 東京都渋谷区代々木の小田急線沿線火災で、火災現場の前で緊急停車した電車を再び動かすのに約8分かかり、その間に電車の屋根に火が燃え移っていたことが11日、警視庁代々木署や小田急電鉄への取材で分かった。運転士は当初火災に気付いていなかった上、非常停止ボタンが押されていたため、運行を再開するための手続きも必要だったという。

 同署と東京消防庁は同日朝から出火元のボクシングジムが入る建物や燃えた車両の実況見分を行い、出火原因や延焼した経緯を調べている。

 代々木署などによると、火災は10日午後4時5分ごろ発生。現場に駆け付けた同署員が消防隊員に「線路側から消火したいので電車を止めてほしい」と要請され、近くの踏切の非常ボタンを押した。付近を走行していたこの電車は自動停車したが、たまたま止まった場所が燃えている建物の真横だった。

 運転士は当初、踏切に異常があったと思い、降車して確認に向かったところ、近くの建物から火が出ていることに気付いた。急いで安全な場所に電車を動かそうとしたが、非常ボタンを解除し、司令所から運転再開の許可を得るまでに約8分を要した。

 この間に建物から2両目の屋根に火が燃え移ったが、電車は火が付いたまま前進。消防隊員の指摘で初めて屋根が燃えていることを知り、約120メートル進んだところで再び止めて乗客を避難させたという。

 小田急電鉄は「安全確認の必要もあり、この程度の時間は必要だ」としている。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test