漁船衝突、1人不明=1人救助、根室沖で-北海道

時事通信社

漁船衝突、1人不明=1人救助、根室沖で-北海道の記事画像

サンマ棒受け網漁船「第62稲荷丸」(奥)と、転覆したタコかご漁船「第68ちはる丸」(手前)=14日午前、北海道根室市沖(釧路海上保安部提供)

 14日午前5時10分ごろ、北海道根室市・落石岬の沖合約25キロの海上で、宮城県漁協所属のサンマ棒受け網漁船「第62稲荷丸」(19トン、乗組員7人)と、根室市の落石漁協所属のタコかご漁船「第68ちはる丸」(4.9トン、同2人)が衝突したと通報があった。ちはる丸が転覆し乗組員のうち1人は救助されたが、1人は行方不明で、釧路海上保安部が捜索している。

 同保安部によると、行方が分からないのは神奈川県南足柄市の甲板員鍵和田基龍さん(45)。船長で根室市長節の松宮亮殻さん(47)は救助されたが、頭にけがをしているという。

 稲荷丸は13日夕に釧路港を出て漁に向かう途中で、ちはる丸は操業を終えた直後だった。同保安部が衝突の原因を調べている。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test