温暖化で台風強風域が拡大=スパコン予測-海洋機構など

時事通信社

 地球温暖化が将来進むと、発達した台風の強風域が現代より拡大することが、理化学研究所計算科学研究機構(神戸市)のスーパーコンピューター「京(けい)」を使ったシミュレーションで分かった。海洋研究開発機構と東京大学大気海洋研究所の研究チームが14日、米気象学会の専門誌に発表した。

 台風の目の周囲にできる厚い壁状の雲が高く成長し、上空で外側に広がるように大きくなるため、強風域も拡大する。京より高性能な後継機が完成して利用できるようになれば、こうした台風の構造的な変化を細かく再現でき、予測精度が上がると期待される。

 研究チームは1979年から2008年までと、2075年から2104年までを比較するシミュレーションを行った。その結果、台風の発生数は2割減るが、強い台風の発生数が1割弱増え、台風に伴う降水量も1割多くなることが判明。現代と中心気圧が同じ台風でも強風域が拡大することが分かった。 

出発:

到着:

日付:

時間: