静岡新聞に「広井賞」=日本災害情報学会

時事通信社

 日本災害情報学会は14日、災害情報の分野で顕著な功績を残した個人・団体を表彰する今年の「広井賞」(社会的功績分野)に、東海地震や南海トラフ巨大地震について継続的に報じた静岡新聞社を選んだと発表した。表彰式は10月22日、京都府宇治市で行われる。

 同学会は、静岡新聞が連載や大型企画を通じ、県民の防災意識や行政の対応力向上に貢献したと評価した。

 広井賞は、災害研究の第一人者で東京大大学院教授を務めた故広井脩・同学会初代会長の功績を顕彰し、2007年から贈られている。 

出発:

到着:

日付:

時間: