腕に電線、男性変死=東京・渋谷の路上-警視庁

時事通信社

 23日午前5時45分ごろ、東京都渋谷区富ケ谷の路上で、外国人とみられる男性が右腕に電線が絡まった状態で立っているのを通行人の男性が発見し、110番した。警視庁代々木署員が駆け付けたところ、男性は意識不明の状態で、約1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認された。

 同署によると、両足は地面に着いていたが、電線が右手に巻き付いてぶら下がるような体勢だった。20代くらいで、Tシャツとジーパン姿。目立った外傷や感電したような形跡はないという。

 隣接する4階建ての建物から何らかの原因で転落し、電線に接触した可能性もあるとみて、同署が死因や詳しい状況を調べている。 

出発:

到着:

日付:

時間: