来園者「親近感ある」=パンダ命名から一夜-上野動物園

時事通信社

来園者「親近感ある」=パンダ命名から一夜-上野動物園の記事画像

6月に生まれた雌のジャイアントパンダの名前が「シャンシャン(香香)」に決まり、上野動物園の入り口に立てられたボード=26日午前、東京都台東区の同園

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃん命名から一夜明けた26日、同園入り口には「シャンシャン(香香)に決まりました!」と書かれた立て看板が掲げられ、早朝から多くの来園者でにぎわった。

 島根県益田市から訪れた無職の大畑昇太郎さん(66)は「元気が出そうでいい名前」と笑顔。妻トモ子さん(67)も「島根には『しゃんしゃん(てきぱき)しなさい』と言う方言がある。親近感があって、忘れられない」とほほ笑んだ。

 2歳の息子を連れた主婦(37)は、「これから『香』という名前がはやるのかな。公開されるまで元気でいてもらえたら」と声を弾ませた。

 同園によると、シャンシャンは2~3歩、自力で歩きだすまでに成長。生後6カ月となる12月に一般公開される見通しで、福田豊園長は「多くの人に見てもらい、幸せな気持ちになってもらえたら一番いいと思う」と期待を込めた。 



報道陣の取材に応じる上野動物園の福田豊園長=26日午前、東京都台東区の同園

出発:

到着:

日付:

時間:

test