ドローン、空港内飛行か=日航機が着陸やり直し-伊丹

時事通信社

 伊丹空港内で5日夕、小型無人機(ドローン)のような物の飛行が目撃され、日本航空機が着陸をやり直したことが分かった。国土交通省が11日発表した。2015年12月に施行された改正航空法に違反する可能性があり、空港の運営会社は大阪府警と兵庫県警に連絡。同省はドローンの関係団体に法令順守の周知を要請した。

 国交省によると、今月5日午後5時35分ごろ、伊丹空港を移動中の日航128便から「赤色のドローンらしき物体が誘導路の約30メートル上を飛んでいる」と管制官に通報があった。着陸しようとしていた日航2186便が通報を聞き、念のため着陸をやり直した。両便に具体的な危険はなかった。 

出発:

到着:

日付:

時間: