逃走の18歳少年逮捕=都内で発見、傷害容疑-埼玉県警

時事通信社

 埼玉県警が傷害容疑で逮捕状を取り、任意同行を求めた少年(18)が逃走した事件で、県警吉川署は12日午後、東京都品川区内で発見された少年を逮捕した。

 県警は、少年が今月2日に知人の20代男性の顔を殴り、1カ月の重傷を負わせたとして逮捕状を取っていた。11日早朝から県警吉川署の捜査員が品川区の少年宅を家宅捜索し、少年に任意同行を求めたところ逃走。県警が約70人態勢で行方を追っていた。

 県警によると、12日午後6時ごろ、警視庁荏原署員が品川区内の交番付近を歩き回っていたはだしの少年を見つけた。職務質問すると、少年は名前を名乗った上で、「出頭しに来ました」と話したという。

 少年は逃走時の上下白のスエット姿のままだった。少年は傷害容疑を認めているという。

 県警少年捜査課の野口聡次席は「今後このようなことがないよう、より慎重な捜査に努め、再発防止を図る」とコメントした。 

出発:

到着:

日付:

時間: