大麻栽培容疑でスノボ審判員を送検=北海道厚生局

時事通信社

 自宅で大麻を栽培したとして、北海道厚生局麻薬取締部は13日までに、大麻取締法違反(栽培)容疑で北海道倶知安町南六条西、日本スノーボード協会所属のA級審判員石井慶被告(51)=大麻所持などの罪で起訴=を追送検した。石井被告は「寝る前、晩酌代わりに吸うため栽培していた」と容疑を認めているという。

 送検容疑は、自宅で大麻草15株(末端価格約150万円)を栽培していた疑い。 

出発:

到着:

日付:

時間: