「九条俳句」不掲載で慰謝料=市に命令、憲法違反認めず-さいたま地裁

時事通信社

 集団的自衛権の行使容認に反対するデモを詠んだ俳句が「公民館だより」に掲載されなかったのは、憲法で保障された表現の自由の侵害に当たるとして、さいたま市の女性(77)が三橋公民館(同市)を管轄する市に俳句の掲載と慰謝料200万円を求めた訴訟の判決が13日、さいたま地裁であった。大野和明裁判長は憲法違反を認めなかったが、公民館側が不掲載の理由を十分検討しなかったとして、市に5万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は2014年6月に安保法制反対のデモを見て「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」と詠み、俳句サークルで秀句に選ばれた。秀句はこれまで「三橋公民館だより」に掲載されてきたが、公民館側は「公平中立の立場から掲載できない」と拒否した。

 大野裁判長は「公民館の職員らは掲載できない理由を十分検討せず、不公正な取り扱いをした」と違法性を認めた。一方で、公民館側に掲載の義務はないと指摘。同人誌やインターネットなど他の表現手段は制限されていないとして、憲法違反を認めなかった。

 女性は判決後に記者会見し、「判決で不掲載が誤りと書かれ、ほっとしている」と話した。

 清水勇人さいたま市長の話 一部認められない部分もあったが、今後については判決内容を精査した上で適切に対処する。 

出発:

到着:

日付:

時間: