銀座強盗の指示役逮捕=奪った金手元に、少年勧誘も-警視庁

時事通信社

 東京都中央区銀座の路上で4月、金塊売却直後の男性が約7200万円の入ったバッグを奪われた事件で、警視庁捜査1課は15日、強盗容疑で、無職平山想容疑者(23)を逮捕した。容疑を否認しているという。同課は指示役とみて調べている。

 事件をめぐっては高校生の少年(17)を含む実行役の男3人が強盗罪で起訴されるなどした。同課によると、奪った金は平山容疑者が全額受け取っていた。少年の勧誘や3人の役割決めもしていたという。

 逮捕容疑は共謀し、4月21日午後1時半ごろ、中央区銀座の路上で自営業男性(45)に背後から体当たりをして転倒させ、現金7257万円が入ったバッグを奪った疑い。 

出発:

到着:

日付:

時間: