裁判出廷、ブラ着用できず=弁護士会、府警に改善要請-大阪

時事通信社

 大阪府警の留置施設に勾留中の40代の女性被告が裁判出廷時にブラジャーの着用が認められなかったのは人権侵害だとして、大阪弁護士会が府警に改善を申し入れていたことが7日、同弁護士会への取材で分かった。申し入れは10月31日付。

 弁護士会などによると、7月に初公判に出廷する際、ブラジャーを着用したいと府警に申し出たが、認められなかったという。

 申し入れで弁護士会は「ブラジャーなしで出廷することは、女性にとって人権侵害も甚だしい」としている。

 一方、府警は取材に対し「ブラジャーは自傷行為に使われる可能性がある危険物なので原則、着用を認めていないが、本人から要請があれば着用させている」と説明。この女性からの申し出については把握していないという。弁護士会の申し入れを受け、対応を検討している。

 大阪拘置所は出廷時にワイヤがないスポーツブラジャーの着用は認めているという。 

出発:

到着:

日付:

時間: