陸自トラックが転落=銃弾輸送中、隊員2人死傷-熊本

時事通信社

 7日午後6時50分ごろ、熊本県阿蘇市の県道で「トラックが崖下に転落している」と消防に通報があった。消防や陸上自衛隊によると、陸自第8師団の大型トラックが転落し、運転していた松本竜樹3等陸曹(23)=熊本市=が死亡。助手席の50代の男性1等陸曹が腰などを骨折した。

 第8師団などによると、事故当時、トラック5台が大分弾薬支処(大分市)から北熊本駐屯地(熊本市)に銃弾を輸送中で、転落した1台は約42万発積んでいた。現場では銃弾が散乱し、陸自が回収作業を進める。

 直線の上り坂を走行中、ガードレールを突き破り、高さ約10メートル下に転落したとみられる。通報したのは現場付近にいた一般の男性で、第8師団は「山道でカーブが多く車間が開いており、後ろを走っていたトラックは転落に気付かなかった」と説明した。 

出発:

到着:

日付:

時間: