阪大学長ら報酬返納=入試ミス、検証委設置

時事通信社

 大阪大学は12日、昨年2月に実施した入学試験の出題ミスで誤って30人を不合格にした問題を受け、西尾章治郎学長ら10人が役員報酬を自主返納すると発表した。阪大は外部の弁護士らを入れた検証委員会を設置。ミスの原因や対応の遅れを検証し、年度内に報告書をまとめる方針。

 自主返納は、西尾学長が役員報酬の10%を3カ月、理事ら9人は同1カ月。阪大は「大学の責任を明らかにするため」としている。

 検証委は理事1人と部局長2人、弁護士を含む学外者2人で構成する。これとは別に再発防止策を検討する委員会を15日付で設置するほか、常設の入試委員会に出題検証小委員会を新設。試験終了から合否判定までの間に問題や解答を改めて点検したり、外部などから指摘があった際に情報を共有して迅速に検証したりする。 

出発:

到着:

日付:

時間: