立ち往生前、2回停車=「除雪すれば」と運転続行-JR東

時事通信社

立ち往生前、2回停車=「除雪すれば」と運転続行-JR東の記事画像

大雪の影響で立ち往生したJR信越線の普通電車=11日夜、新潟県三条市(JR東日本新潟支社提供)

 新潟県三条市のJR信越線で、大雪のため乗客約430人が乗った普通電車が15時間半にわたり立ち往生した問題。JR東日本新潟支社は12日の記者会見で、電車が立ち往生する前に、現場の手前で雪のため2回停車していたことを明らかにした。3回目の停車で立ち往生に至り、同支社は「結果的に多くの乗客に車内で過ごしてもらうことになった。十分な対応ではなかった」と陳謝した。

 同支社によると、長岡行き普通電車は11日午後4時25分、新潟駅を出発。同5時45分ごろ、降雪の影響でパンタグラフが下がり停車した。運転再開後の同7時5分ごろ、今度は車両が雪を抱え込むように停車。その後約900メートル走行したが、同9時10分ごろ再び雪で停車し、立ち往生した。

 運転を続けた理由について、新潟支社幹部は「除雪をすれば運行に支障はないと判断した」と説明した。電車は何度も雪を押すように走ろうと試みたが進めず、「固くて重い雪で、押しても押しのけられず、危険と判断した」という。

 会見では、立ち往生に至るまで運転を継続したことを疑問視する質問が相次いだ。支社幹部は「安全が最優先」とした上で、乗客に利用してもらう以上は目的地まで運びたいとして、「せめぎ合いがあり、微妙な判断だった」と述べた。

 立ち往生の間、車内では約10分置きに現状やトイレの位置などをアナウンスしたという。乗客をバスなどで代替輸送しなかったことについて、幹部は「停車した現場の周辺は田んぼで、乗り入れることができる道路がなかった」と話した。家族らが迎えに来た乗客は電車から降ろし、誘導したという。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test