国宝「懸守」内部に仏像=CT調査で初確認-京都

時事通信社

国宝「懸守」内部に仏像=CT調査で初確認-京都の記事画像

内部に仏像が彫られていた国宝の懸守(京都国立博物館提供)

 平安時代の貴族らが首から下げて用いたお守りの国宝「懸守」の内部に、高さ3.3センチの仏像が納められていたことが分かった。四天王寺(大阪市)と京都国立博物館(京都市)が9日、共同で発表した。

 懸守は平安~鎌倉時代に貴族らが用いたとされるお守りで、四天王寺が所蔵する7点が国宝に指定されている。これまで内部に納入品があることは知られていたが、詳細は不明だった。

 四天王寺が昨年、X線コンピューター断層撮影(CT)スキャン調査を依頼したところ、桜花形の懸守1点(高さ6.4センチ、幅7.3センチ)の内部に仏像が確認された。

 仏像は木材を彫った立像で、右手を上げている姿や服のしわなどが細かく表現されていたほか、香炉など供養具も彫られていた。 



懸守の内部に彫られていた仏像(写真右)と供養具(京都国立博物館提供)

出発:

到着:

日付:

時間:

test