英語で試行調査=新共通テスト、6700人参加へ

時事通信社

英語で試行調査=新共通テスト、6700人参加への記事画像

2020年度に導入される「大学入学共通テスト」の試行調査(プレテスト)を受ける生徒ら=13日午前、東京都練馬区

 現行の大学入試センター試験に代わり2020年度に導入される「大学入学共通テスト」の英語の試行調査(プレテスト)が13日、始まった。3月3日までの期間中、全国の国公私立高校158校の2年生約6700人が参加する見通し。問題作成や採点などを試行、検証する。

 13日は東京都練馬区の都立井草高校の生徒がリスニングの問題に取り組んだ。

 新テストの英語は「読む・聞く・書く・話す」の4技能を評価するため、民間の資格・検定試験を活用する方針。23年度まではセンターが作成するマークシート式で「読む・聞く」の能力を試す試験も併用され、受験生は志望先に応じ、どちらかか両方を受ける。

 今回の試行調査は、センター作成の問題で行う。試験時間は筆記80分、リスニング30分。出題内容や正答率の速報値は3月14日に公表する。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test