転落入所者に「憎しみない」=老人ホーム連続死で本人質問-横浜地裁

時事通信社

 川崎市の老人ホームで入所者3人が相次いで転落死した事件で、殺人罪に問われた元職員今井隼人被告(25)の裁判員裁判の公判が13日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれ、被告人質問が行われた。

 今井被告は、最初に転落した男性=当時(87)=から当日に暴力を受けたと話した。ただ、「(暴力は)日常的な行動の一つ。怒りや憎しみはない」と述べ、殺害の動機には当たらないと説明した。

 2人目の女性=当時(86)=に対しても特別な感情はないと述べた。最後に転落した女性=当時(96)=について、弁護人からいなくなればいいと思ったことがあるかと問われると、「一度もありません」と語気を強めた。

 今井被告は精神鑑定を受けた昨年秋、転落時のことを「覚えていない」と話していた。公判直前に否認に転じた理由について、「(鑑定時は)記憶が曖昧な部分は全て覚えていないと答えていた」と説明。その後、証拠を見直して記憶が整理され、「裁判で主張してもいいのかもしれないと思った」と話した。

 14日も引き続き被告人質問が行われる予定。 

出発:

到着:

日付:

時間: