前橋3人殺傷、二審も死刑=東京高裁、29歳男の控訴棄却

時事通信社

 前橋市で2014年、高齢者の男女3人が自宅で殺傷された事件で、強盗殺人などの罪に問われた土屋和也被告(29)の控訴審判決が14日、東京高裁であった。栃木力裁判長は「非力な高齢者に対する一方的な凶行で、卑劣で冷酷だ」と述べ、死刑とした一審前橋地裁の裁判員裁判判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 栃木裁判長は「金を手に入れようと準備した包丁やバールをちゅうちょなく使用しており、殺害を想定していた」と認定。計画性は低かったとする弁護側の主張を退けた。

 判決によると、土屋被告は14年11月、前橋市の小島由枝さん=当時(93)=を包丁で刺殺し現金5000円を奪った。同年12月には同市の川浦種吉さん=同(81)=を刺殺し、妻の胸を刺して重傷を負わせた。 

出発:

到着:

日付:

時間: