新たに1遺体発見=大分山崩れ、死者3人に-大分山崩れ

時事通信社

 大分県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で15日、新たに性別不明の1人の遺体が発見された。県は、安否不明となっている4人のうちの1人とみて身元確認を急ぐ。山崩れによる死者は計3人となった。

 県によると、雨のため14日午後から中断していた自衛隊などによる捜索活動を約21時間ぶりに再開。重機で土砂を取り除く作業を続け、15日午後10時25分ごろ、遺体を発見した。

 現場は雨水を吸収してぬかるみ、足場が悪くなっている。無人のバックホーと呼ばれるショベルカーのような機械2台を少し離れた場所から動かし、家屋を覆う土砂を除去。その後、安全が確認できたとして有人の重機も投入した。捜索は14日午後4時ごろから中断していた。 

出発:

到着:

日付:

時間: