熊本県民テレビ、ハラスメントで社長解職=社内の倫理規定違反

時事通信社

 日本テレビ系列の熊本県民テレビ(熊本市)は16日、臨時取締役会を開き、ハラスメント(嫌がらせ)行為が確認されたとして、梅原幹社長(60)を同日付で解職したと発表した。社内の倫理規定に違反したことを理由に挙げている。

 梅原氏は代表権のない取締役に降格し、社長は片岡朋章代表取締役会長(66)が兼務する。

 同社の社内調査で、昨年11月から今年2月にかけ、梅原氏による複数の嫌がらせ行為が判明した。同社はプライバシーを理由に詳細を明らかにしていないが、関係者によれば女性に対し行っていた。

 梅原氏は日本テレビ執行役員、熊本県民テレビ専務などを経て2017年6月に社長に就任。同社は「今回の事態を重く受け止めており、信頼回復に全力を尽くしたい」とコメントした。 

出発:

到着:

日付:

時間: