玄海3号機が営業運転=九電

時事通信社

 九州電力は16日、再稼働した玄海原発3号機(佐賀県玄海町、出力118万キロワット)が営業運転を始めたと発表した。営業運転は7年5カ月ぶり。九電は3号機の再稼働で、火力発電の燃料費に換算して月55億円程度を削減できると試算している。 

出発:

到着:

日付:

時間: