「最も遠い酸素」発見=132.8億光年先の銀河-国立天文台など

時事通信社

「最も遠い酸素」発見=132.8億光年先の銀河-国立天文台などの記事画像

アルマ電波望遠鏡などの観測で、これまでで最も遠い132億8000万光年先の酸素が検出された銀河「MACS1149-JD1」(拡大部分、国立天文台提供)

 132億8000万光年先の銀河から酸素の存在を示す電波を検出したと、大阪産業大や国立天文台などの国際研究チームが発表した。これまでで最も遠い宇宙での酸素検出という。論文は16日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

 大阪産業大の橋本拓也博士研究員らは、しし座方向の遠い銀河を南米チリにあるアルマ電波望遠鏡で観測。酸素が存在する場合に特徴的に見られる波長の電波を検出した。

 宇宙は膨張を続け、遠方の銀河は地球から遠ざかっているため、検出された電波の波長は引き延ばされている。波長の伸びから距離を逆算すると、この銀河は132億8000万光年先にあることが判明した。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test