マラソンの道下選手が連覇報告=福岡市

時事通信社

マラソンの道下選手が連覇報告=福岡市の記事画像

スタートの構えをする道下さん(手前)と高島市長=7日、福岡市役所

 マラソンの道下美里選手が、4月のロンドンマラソン視覚障害女子の部で2連覇達成したことを福岡市の高島宗一郎市長に報告した。道下選手は福岡都市圏在住で、2016年リオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害女子マラソンの銀メダリスト。今秋の福岡マラソンにゲストランナーとして5回目の参加が決まっている。

 道下選手は「ロンドンでは攻めのレースができた。2020年に向けて挑戦を続けたい。福岡マラソンも市民ランナーの皆さんと走れるのが楽しみ」と語った。これに対し、高島市長は「道下選手の連覇や記録更新は福岡市民にとっての誇り。こんなに素晴らしいランナーと一緒に走れるのは市民(ランナー)の喜び」と述べるとともに、「チャレンジしステージを上げる道下さんのように、福岡市もチャレンジしたい」と強調した。報告後の記念撮影では、2人でスタートの構えをみせた。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test