コンビニで鍵受け渡し=民泊で提携-ファミマと米エアビー

時事通信社

コンビニで鍵受け渡し=民泊で提携-ファミマと米エアビーの記事画像

民泊事業で提携したファミリーマートの沢田貴司社長(左)と米エアビーアンドビー日本法人の田辺泰之代表=21日、東京都豊島区

 ファミリーマートは21日、一般住宅の空き部屋などに旅行者を有料で泊める「民泊」用の鍵を、コンビニエンスストアで受け渡しするサービスを本格的に始めると発表した。2019年2月までに都市部中心の約150店舗で展開し、その後順次拡大する。旅行者の利便性を高めるとともに、コンビニ店での商品購入を促す。

 民泊仲介最大手、米エアビーアンドビーとの業務提携の一環で、鍵の受け渡しサービスはエアビーの利用者が対象。現在、東京などのコンビニ4店舗で実証実験を行っており、店内に設置した専用ボックスで、人を介さず24時間いつでも鍵の受け渡しができる。

 鍵以外でも、エアビー利用者にファミマのクーポンを配布するなどしてお互いの顧客基盤拡大を狙う。ファミマの和田昭則新規事業開発本部長は新サービスに関する記者会見で、「民泊は滞在が長い人が多い。将来は洗濯代行など今までにないサービスを提供したい」と事業拡大に意欲を示した。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test